夏布団はいつから出せばいい? ~布団の衣替えと収納のコツ

夏布団の衣替えはいつから?

徐々に暖かくなってくると、お布団も冬用から夏用の薄手の肌布団に替えなくてはいけませんが、実際、いつから替えるのがちょうどよいのでしょうか?

冬布団を下手に梅雨の時期に収納してしまうとカビが生えたり、ダニがついたりしそうだし、かといって夏までこの布団をかけて過ごすのはつらい・・・。

一般的に冬布団は6月までに収納するのが好ましいとされています。

そこで、5月下旬~6月に布団の衣替えをするご家庭が多いのですが、気を付けておきたいことがあります。

夏布団の衣替え時期にはダニ・カビ対策が重要

衣替えをすると、夏布団を出して、代わりに冬布団を収納すると思いますが、この時期はちょうど暑くて梅雨も重なる時期です。

そうすると、気になるのはダニ・カビ対策ということになります。

衣替えをする時期は特にダニが発生しやすい時期ですのでこの時期にしっかりとダニ対策を行なうことが大切です。

クリーニング店のふとん丸洗い・保管サービスを利用する

ひとつの方法は、冬布団をクリーニングに出してそのまま預かってもらうという方法があります。

ダニが繁殖を防ぐのには、エサになる人間の皮脂やフケなどの汚れを取り除くのが一番です。

ですから、収納前にキレイにしておくことは必須になります。

その上、預かってもらえば、かさばる冬布団の収納に場所もとりませんし、梅雨・夏の間を押し入れの中で過ごす冬布団のダニ・カビ対策には最も確実な方法です。


布団クリーニングをしてくれるお店はたくさんありますが、比較してオススメなのはクリクロ最大8ヶ月保管サービス付ふとん丸洗いです。

オススメポイントは【洗剤へのこだわり】【パックにふとんつめ放題】のシステムです。

ふとん丸洗い

「布団が1枚いくらで・・・、毛布が・・・」と悩むことなく送られてくるパックにギュッと詰めて送るだけというシステムがカンタンで使い勝手がいいですよね。

パックも大・中・小と3サイズあって家庭の事情に合わせて使えるのがウレシイところ。

いろいろアタマを悩ませることなく、次のシーズンには気持ちよい布団が使えて、押し入れもスッキリ使えるところが魅力ですね。

クリクロのふとん丸洗いサービスについてもっと詳しく見る

クリクロのふとん丸洗いサービスの口コミ・レビューを見る

夏布団は出したばかり時期こそ要注意

もちろん、押し入れから出したばかりの夏布団も、暑くてじめじめした梅雨時の押し入れから出しますので、夏布団へのダニ対策も重要です。

ダニは生きたダニに噛まれたりするだけでなく、その死骸やフンがハウスダストアレルギーやシックハウス症候群の原因にもなります。

アレルギーをお持ちの方だけでなく、小さなお子様がいらっしゃるご家庭などでは夏布団を出したばかりの時期にしっかりダニ対策しておくことが大切です

布団を天日に干したり掃除したり清潔に保つことはもちろん大切ですが、それで完全にダニを死滅させることはできません。

ダニは生命力が強くて、なんと洗濯してまるまる水に浸かっても生きているそうです。

そこで、対策としてはシンプルですが【ダニ捕集マット】が実は最も効果的です。


なかでも「ダニピタ君」という製品が、化学物質を使用しておらず、小さな子どもさんやペットのいる部屋でも安心して使えるのでオススメです。

また、殺虫剤や燻煙剤と違って生きたまま捕まえるので死骸が残らず清潔というのもポイントが高いところです。

もちろん、冬布団をしまっている押し入れに設置しておくのも効果的です。

>宅配クリーニングと料金を比較♪

チェック
集荷・配達
してくれる宅配クリーニング料金・値段お手頃&便利になって、利用する方が増えてきています♪ 近所のクリーニング店の料金と比較してみてはいかがですか?
特に、忙しくて営業時間中に行けない、出し忘れや取りに行くのが面倒、店舗での接客に不満、などにお悩みでしたら、ぜひ一度、試してみてください。
チェック
【衣替えの際】の宅配クリーニング比較ランキング
【ワイシャツ・スーツ】の宅配クリーニング比較ランキング
【ブラウス・ワンピース】の宅配クリーニング比較ランキング
【学生服・セーラー服】の宅配クリーニング比較ランキング
【普段使い】の宅配クリーニング比較ランキング

スポンサーリンク

友だちに教える

スポンサーリンク